badbahronの気球

badbahronの不定期雑記

70歳以上のカード振り込みに制限

 りそなホールディングスは70歳以上の顧客を対象に、来年の1月20日からキャッシュカードを使ったATMでの振り込みに制限を設けるそうです。

 特殊詐欺対策の一環で、地方銀行では採用しているところもありますが、大手銀行ではりそなが初めてです。

 70歳以上で、過去3年間キャッシュカードを使ったATMでの振り込みをしたことのない顧客が対象。対象の顧客が一定以上の金額をATMで振り込もうとすると、窓口に行くように促す案内が画面に出て、行員が対応することになります。詐欺ではないことが確認できれば、制限は解除されると言う事ですが、具体的な金額は非公表となっています。

 一向に減らない特殊詐欺の対策に、大手銀行も乗り出しました。特に高齢者に被害が多いので、そこを重点的に対策しようというわけです。と言っても、対策するのがりそな銀行だけなら、当然犯人はりそな以外の銀行を使うでしょう。都市銀行が揃って対策を取らないと、効果は無いような気がします。

夫に髪の毛が薄いのを指摘されてケアを開始しました

 私は48歳の専業主婦です。子供も独立して、今は夫と2人だけで暮らしています。

 数か月ほど前になりますが、夫とドライブを兼ねて、隣の県まで出かけたことがあります。実はその日はかなり風が強く、髪がかなり風に煽られる始末でした。車から帽子を出してかぶり、やれやれと思っていたら、夫がちょっと言いにくそうにしながら、髪が薄くなっているねと私にささやきました。

 これにはかなり驚きました。結局その後は帽子はかぶったままで、家に帰ってから、どのあたりが薄いのが聞いてみとところ、頭頂部の左側の辺りだと言います。私はミディアムの長さの、パーマヘアをゆるく分けていますが、ちょうどその分け目に当たる部分です。指摘してくれた夫には感謝しましたが、その夜から、このことがひどく気になるようになりました。

 翌朝、あまり気にするのもよくないよと言って夫は出かけて行きましたが、やはりどうしても気になります。仕方ないので、予定はなかったのですが、美容院に予約を入れて、聞いてみることにしました。担当の美容師さんは、頭皮にはあまり問題ないけれど、少し硬くなっているみたいなので、もみほぐすようにしたらいいと言ってくれました。

 本当はパーマをしばらくかけないのがいいらしいのですが、私の髪質は細くてさらさらしているので、パーマをかけないと寂しい感じに見えてしまいます。とりあえず頭皮のケアをすることにし、薄いといわれた辺りは念入りにやってみることにしました。実は私の友人にも、頭頂部が薄くなってヘアピースを使っている人がいるので、私もこれでダメな時は、ヘアピースのお世話になるのだろうなと考えていました。

 他にも頭皮にいいことはないかと思い、ネットで色々情報を探していたら、頭皮にいいシャンプーを扱ったサイトを見つけました。その中の商品解説を読んでいたところ、今の私の状態にぴったりな商品を見つけました。しかしその商品、どこかで見たことがあると思っていたら、行きつけの美容院で販売している商品だったのです。その後再び美容院に行って、その商品についての説明を聞き、使ってみることにしました。

 使い始めてから2週間になります。まだ効果が出たかどうかはわかりませんが、髪の状態がとてもよくなったので、手ごたえを感じるようになります。まだまだヘアピースのお世話になる前に、自分でできるだけのことはやってみようと思っています。もちろん、頭皮をもみほぐすケアも並行して続けています。

薄毛に悩んでいる女性

民進党、2議員が離党届

 民進党所属で神奈川9区の笠浩史(52)議員と、同16区の後藤祐一(48)議員は15日昼、同党の大島幹事長に離党届を提出しました。

 笠浩史議員は2003年、第43回衆議院議員総選挙民主党から公認を得て神奈川9区から出馬し、初当選。これまで衆議院議員を5期務め、文部科学副大臣文部科学大臣政務官を歴任。2014年、先に離党した細野豪志が中心となって設立された自誓会に参加しました。

 後藤祐一議員は、2009年の第45回衆議院議員総選挙民主党公認で神奈川16区から出馬し、初当選。こちらも2014年に自誓会に参加しています。

 両議員共に共産党との共闘に否定的で、離党後は既に離党している細野氏と連携すると見られます。

 前原誠司新代表は、代表戦の最中から共産党との共闘を見直す姿勢を示していましたが、代表戦後にトーンダウン。党内で共産党との共闘に否定的な議員から不満の声が上がっていました。

 これで、前原新代表就任以降4人目の離党者です。その内1人、山尾志桜里議員は幹事長就任が内定していたにもかかわらず、不倫報道を受けて離党し、新体制に大きなダメージとなりました。さらに、前原体制への不満から3人が離党する事態。