badbahronの気球

badbahronの不定期雑記

中国の新車販売、4年連続世界一

 中国の自動車会社の業界団体「中国汽車工業協会」が11日に発表した所によると、中国における2012年の新車販売台数が前年比4.3%増の1930万6400台になったそうです。この結果中国は、2位アメリカの約1449万台を大きく引き離して4年連続の世界一となりました。

 

 同協会によると、2012年の新車販売のうち乗用車の国別シェアは、日本車が日中関係の悪化に伴った販売の落ち込みで前年比3ポイント減の16.4%でした。一方、ドイツ車が1.9ポイント増の18.4%となり、日本車を抜いて外資系でトップとなっています。日本車は2011年には19.4%で、外資系トップでした。

 

 尖閣諸島の問題で反日暴動が発生して以降、中国国内で日本製品不買運動が広がっていると盛んに報道されていますが、3%減と言うことはその動きも限定的なものなのでしょうか?。しかも最近不買運動自体が下火になってきていると言われています。

 ただ、ジャンルを問わず、中国の発表する数字には常に信憑性の問題がつきまといます。この数字も鵜呑みにしない方が良さそうです。