読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

badbahronの気球

badbahronの不定期雑記

山中教授 大阪マラソンでPR

 10月27日に開催される第3回大阪マラソンの組織委員会の7日は票によると、募金活動を支援する「チャリティーアンバサダー」の第2弾として、ノーベル生理学・医学賞を受賞した京都大学教授の山中伸弥(50)ら3人を決定したそうです。

 山中教授はノーベル賞受賞後、初めてのマラソン出場、フルマラソンを走る予定。他の二人はフリーキャスターの八木早希さん(34)、2007年のミス・ユニバース世界大会で優勝した森理世さん(26)。

 

 山中教授は、第1回大阪マラソンに一般ランナーとして参加し4時間29分53秒で完走。第2回も出場予定でしたが、ノーベル賞受賞決定後、「十分な練習時間が取れなくなった」として断念していました。

 アンバサダーは、大使・使節と言った意味で、がん撲滅や被災地支援、森林保護などに取り組む九つの団体への寄付を広く呼びかけると言うことです。

 

 大阪マラソンは、2011年10月30日に大阪府大阪市で第1回大会が開催された大規模な市民参加型マラソン大会です。定員はフルマラソンが28000人、8.8kmのチャレンジランが2000人。制限時間はフルマラソンが7時間、チャレンジランが1時間50分となっています。その他、車いすマラソンも実施され、規模としては、国内では東京マラソンに次ぎ、世界6大マラソンにも匹敵する大規模な大会となっています。