badbahronの気球

badbahronの不定期雑記

ノーベル賞、日本人3人が有力候補?

 アメリカの情報サービス会社「トムソン・ロイター」が25日に発表した、ノーベル賞受賞の有力候補者28人の中に、日本人3人が含まれているそうです。

 

 有力候補にあげられたのは、物理学賞候補には鉄を含む超伝導物質を発見した東京工業大学の細野秀雄教授(60)が。生理学・医学賞候補には、生物を構成するたんぱく質が体内で分解、再利用される「オートファジー(自食作用)」の仕組みや機能を解明した大隅良典・東工大特任教授(68)と、水島昇・東大教授(47)の3人。

 同社は論文の引用回数などを分析して有力候補者を毎年発表しており、2002年から昨年まで183人を選び、27人が実際に受賞していると言うことです。しかし、27/183と言うことは、的中率は1/6以下ですから、なんとも微妙です。

 

 ノーベル賞は、ダイナマイトの発明者として知られるアルフレッド・ノーベルの遺言に従って1901年から始まり、物理学、化学、医学生理学、文学、平和、経済学の6分野で顕著な功績を残した人物に贈られる世界的な賞です。今年は10月7日から順次発表されます。日本人が受賞するかどうか、楽しみに待ちたいともいます。