読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

badbahronの気球

badbahronの不定期雑記

看護師長のパワハラ認定

 北九州市小倉北区の「新小倉病院」に看護師として勤めていた30歳代の女性が、元上司によるパワーハラスメント適応障害になったとして、元上司らを訴えた訴訟の判決が25日に福岡地裁小倉支部であり、北村久美裁判官は元上司の看護師長の言動を「部下という弱い立場にある原告を過度に威圧し、違法」と認定、被告に約120万円を支払うよう命じました。

 この女性は病院に勤務していた2013年4~5月頃、子供がインフルエンザで高熱を出すなどしたため、上司だった看護師長に早退を申し出たところ、看護師長は女性の有給休暇が残っていたが、「もう休めないでしょ」「子供のことで職場に迷惑をかけないと話したんじゃないの」などと発言。その後女性は食欲不振や不眠になり、同11月に適応障害と診断されて休職、翌年3月に退職。女性は運営する国家公務員共済組合連合会(東京)や元上司の看護師長を相手取り、約315万円の損害賠償を求める訴えを起こしていました。

 看護師が退職する理由で最も多いのは、人間関係だと聞いた事があります。こう言うケースは多いのでしょうか?。