badbahronの気球

badbahronの不定期雑記

日本大学の学長が記者会見

 アメリカンフットボールの試合で危険な反則行為が行われた件で、日本大学の学長が記者会見を行いました。

 この件では、日本大学側が関西学院大学の質問状に対する回答を提出しましたが、関西学院大学は納得せず。その後実際に反則行為を行った日本大学の選手が会見を開いて、反則は監督の指示だったと明かして注目を浴び、それを受けて前監督とコーチが緊急会見を開きましたが、司会を務めた日本大学側の広報担当の態度が原因で逆に炎上。慌てて学長が火消しに現れた形です。

 一番注目された「反則が監督の指示かどうか」については、第三者委員会の判断に任せるとして、明言を避けました。また、学長の上には理事長しかいないのですが、今後理事長が会見をする必要があるかどうかについては、判断できないとしています。

 とても、これで収束するとは思えません。ここまでこじれてしまうと、もう日大側が何をしても収まらないんじゃないでしょうか?。この件では危険なタックルで負傷した関西学院大学の選手が被害届を提出、警察が動き始めていますし、司法や第三者委員会に任せて、その結論を受け入れるしか。